交通事故鑑定

そもそも、交通事故鑑定は裁判に供するものですので、一般のご依頼人様にお渡ししたところでお望みの効果が出るとは限りません。 そのため、鑑定書・意見書等の裁判所に提出することを目的とした書面については、原則として弁護士からの依頼とさせていただいております。

しかしながら、例外的に「予備調査」という鑑定の方向性を示す業務や、 緊急性を要する証拠保全等の調査については対応しておりますのでご遠慮なくお申し付けください。

詳しくは下記をクリック願います。

ページの先頭へ