画像解析・鑑定

はじめに

 画像解析とは、撮影された画像から有意な情報を取捨選択することです。
例えば、事例が豊富な交通事故などは関係資料を拝見すれば、ある程度の大まかな方向性を示すことが容易です。
しかしながら、画像による鑑定は、いわゆるある程度やってみなければわからないという事例が多いといえるでしょう。
画像解析・鑑定を行う際、画像に対してデジタル処理を行い、一見何も映っていないような画像からでも情報を引き出すことが出来る場合があります。
解析する画像が多いに越したことはないですが、枚数が増えれば増えるほど費用も膨らんでしまいます。
そのため、鑑定前の予検査にてご依頼人様のある程度の効果測定を行った上で鑑定に移行することが一般的です。


なお、下掲の料金は目安ですので、数量や難易度によって金額が増減しますので予めご承知おき下さい。

鮮明化処理

予検査
5万円より
内容
ぼやけた画像や手ぶれ画像などの鮮明化処理します。
軽微な鮮明化であれば概ね予検査で業務は完了し、本鑑定に移行することは稀です。

計測処理

予検査
5万円より
内容
画像から構造物の形状や長さなどの推定を行います。

挙動確認

予検査
8万円より
内容
対象画像に人体の挙動を再現した画像を投影することで解明する技術です。
主に三次元CADを用います。

速度推定

予検査
8万円より
内容
動画撮影された車両の速度なを推定します。
なお、ドライブレコーダ等の場合は交通事故鑑定をご用命下さい。

ページの先頭へ